» 2012 » 3月のブログ記事

伊勢丹さんで打ち合わせを終えたあと、店頭をぷらーと見ていたら、
ザ・ステージでGUCCIのアルチザンイベントをやっていた。
な! なんてゆーこと!
これは、去年絶対見に行くと心に決めて…結局行けなかったイベント。
神様が巡り合わせてくれたに違いない
思いがけないプレゼント!

さっそく、色々お話を聞かせてもらう。
バッグや財布担当のサンプル職人さんたち(ウワサ通りのナイスガイ)が、裁断したりミシンかけたりしている。

彼らは皆、25〜35年のキャリアを持ち
シーズンで100型以上のサンプルをつくるという。
革のGUCCIエプロンを身に纏い、自らの技術と仕事に、きちんと誇りと自信を持ち、そういうのが全身から止めどなく溢れ出てる。
二枚目なイタリア人ってのを差し引いても、そういう大事なモノを持ってる人達は素敵だ。かっこ良すぎる。妬けるほどに。

色んな背景の違いがあるにせよ、私たち日本の靴業界も誇れる仕事をしなければ。って、思ったなー。

先週は、バッグではなく靴づくりのデモンストレーションもやったらしい。
好評だったので来年も予定しているとのこと。
また、ぜひとも足を運びたい。

ただ今、帰りの新幹線。

今回の出張は結果…よし。というかんじで。
はー。ビールがうまい。

楽観的きわまりない私が、今回のこの
クライアントさんとの出張を控え、
いろいろ頭を悩ませ、
夜もぐっすり眠れないほどの不安要素に取り憑かれてたんだけど。。

なんとか、良い方向へ向かい、
ホッとしている。
だから、
いつもより早いペースで二本目のプレミアムモルツ。

そして社長からのおごり、
晩ご飯のお弁当と、
グリーンシート。

おつかれさまでした。

それにしても…
日帰り出張の、
一日の長さと濃さったら!

今、帰りの新幹線。

新しいクライアントの仕事で、久しぶりの大阪でした。

買ってから…多分数ヶ月は経ってしまっていた、ずっと読みたかった本。

この本の前に読んでた、シャネルのヒストリー本より、ずっと面白い。
行きの新幹線から読み始めて、そろそろ後半に突入…そんなスピードで読み進められるほどの面白さ。
紆余曲折なかんじがリアリティがあってイメージしやすいからかなー。

こちらは坊やの春靴。

真っシロもブルーも、初めての色。
しかーし彼は確か1.5歳あたりからコンバースを愛用している。
(うらやましいわ、平成生まれ。)

4月から、
幼稚園へ通う彼。
入園式は、ブルーの方を履かせようと思う。
制服は、まるでミルクチョコみたいな色。
クリアーな青の靴は、きっと似合う。

春靴、買いました。
ヒールものは、自分レーベルを履くので…フラット達を。

emuと、

この子は外で履きます、
スリッパじゃないよ。
たくさんのサンプルを試し履きするときなんかに便利。

そんで、gaimo

ゴードシルキーのサンゴ色に一目惚れ。

gaimoはスペインのエスパドリーユメーカー。
今回、伊勢丹さんのお仕事で
3型私がデザインしました。MbyTSUKADA MAI のダブルネームで、4月頃店頭に並びます。
(よろしく。)

あぁ、早く靴下脱ぎたいなー。