» 2011 » 2月のブログ記事

23日からの伊勢丹のプロモーションイベント、私の役目、無事終了!

数日、店頭に立っただけで、おもしろい発見だらけで、かなりの収穫でした。

伊勢丹本店というところは、すごい!

お客さんの多さは平日も休日大差なく多いし、

様々な、歳もテイストも職業も人種も、本当に色んな人たちがここへ靴を探しにやってくる。

そして、靴に何を求めるか。

話を聞いていると、本当に人それぞれ。

当たり前のことだけど、

デザインさえ良ければそれで良し。というわけにはいかない。

足にフィットしなければ、どんなに素敵な靴でも、そこでもう成り立たない。

改めて、

靴の奥深さを、お客さんから教えてもらいました。

今回のイベントで得た色んなことを、自分なりに噛み砕いて消化して、そしてより良いものを生み出したい。

普段はなかなか味わえない、とにかく貴重な時間だったこと、皆様に感謝。

私の仕事は、「靴」をデザインすること。

こうやって、ひとことで言うとフワフワした感じだけど、

なかなかに靴って手強いアイテムだ。

 

23日に、伊勢丹オリジナルシューズブランドNUMBER TWENTY-ONEがデビューしました。

十数ブランドとのダブルネームで、他には売っていない、伊勢丹オリジナルのブランドシューズたち。

ここに来れば、気に入った自分だけのシンデレラシューズが見つかるはず! な、バラエティ豊かなラインナップです。

私は、

MbyTSUKADA MAI

carrediem

の2ブランドで参加させていただいてます。

そして、プロモーションイベントで昨日から私も店頭で接客のお仕事。

お客様や、販売員の方々のリアルな「声」が聞ける、とっても貴重な時間。

楽しいぞ!

そろそろ春めいたシューズが欲しい頃。。

ぜひ見に来てください。

MbyTSUKADA MAI の靴でお世話になっているメーカーさんでの打ち合わせ。

1月にお引っ越ししたという新しい事務所。

「おじゃまします」

「古いですよ~」

と、社長さん。

ドアが開いてびっくり!

目の前に広がる重厚な木造の階段。

上り詰めると、これまた重厚な、立派な梁が組み込まれた、広ーい高ーい迫力な天井。

その、どっちりとした木の佇まいに圧倒されて、思わず

「写真撮らせてください!」

うーん。。

私、写真がヘタだ。。

もっと、とにかくもっと、すごくイイ空間なんです。

そして、丁寧に入れていただいた珈琲がとても似合う。

一日の、きっと人生の大半を過ごす、仕事場。

物件自体を気に入ったものに変えるのはなかなか難しいけど、

でも、自分の過ごしやすいよう、気に入った空間に仕上げることは、すぐにでも出来ること。

・・・見回してみる。

ごちゃごちゃなデスクの上、乱雑な資料の山、散乱しているサンプルたち・・・

いかんぞ! こんなはずでは!

こんな空間でステキなものが生み出されるはずがない!!

DO IT YOURSELF(MYSELF)

忙しいとか言い訳しないで、気持ちよく生きたい。自分のために。

伊勢丹さんとのお仕事で、

イタリアメーカーとのコラボ企画に参加させていただくことになりました。

LIONというコンフォートシューズで、

ソールに静電機能が付いていたり、中敷きの通気性がバツグンに良かったり、

優れた機能を持つ、優等生なシューズのブランドです。

http://www.lionshoes.it/

というわけで、

はるばるイタリアへ渡った私のデザイン画をもとに作られたサンプルが上がってきました。

まあるく、やわらかな、紳士的な印象のアルベルト氏との打ち合わせ。

細かなライン修正や、仕様の変更・・・。

修正点を依頼して、2ndサンプルへ。

夏には伊勢丹店頭にお目見えする予定です。

LION × M by TSUKADA MAI

かっちょいい靴になりそう。

楽しみだ!

連休は群馬の実家へ家族で行って来ました。

坊やもイトコ達とたくさん遊んで、とっても楽しかったみたい。

積もった雪に、「まぶし~っ!」 と目を細め、ソリ遊びに奇声を上げ、大きな雪だるまも作った!

彼にしてみたら、ほぼ初体験な雪。

そして、私たちも初めて、雪が降り積もる中での花火を体験。

それはもう、しぬかと思うくらい寒くて寒くて、

自分の吐く息がモウモウと真っ白で、鼻がもげるかと思ったけど、

真っ黒い空に打ち上がった花火は、冬の澄み切った空気の中で、それはそれは美しかった!

本当に手が届きそうなくらい間近で、光のシャワーを浴びるみたいに。

感動!!

充分に充電し、そしてまた今日から働く。

今週は、ハードだ。。